高く購入した毛皮は質を保って高値で売る

購入した毛皮はお手入れ次第で買取額が変る

古くなった毛皮を買取に出したいと思っている人は多いのではないかと思います。
近年では、日本では毛皮はあまり人気がないので、最近は手放す人が多いようです。
しかし、購入した時に高かった毛皮だから高く売れるとは限りません。

毛皮は、きちんとお手入れがされていて、毛並みが美しいこと、そして、なるべくほつれや破けがない方が高く売れます。
また、毛皮は湿気が多い場所に保管してしまうと、カビが生えてしまいますが、カビが生えていないことも質の良い毛皮と判断されます。
少しぐらいのカビの場合は買取ってもらえる可能性がありますが、全体的にカビが生えてしまっている場合は、どこの業者でも買取ってくれないことでしょう。

ですから、毛皮を着用する時は、将来は売るかもしれないということを考えて、きちんとお手入れをすることが大切です。
売らなくても、きちんとお手入れをした方が、いつまでも美しく着ることができますので、是非、実践して頂きたいと思います。

毛皮のお手入れ方法は、まず第一にブラッシングです。
毛皮の流れに沿って、きれいにブラッシングしておきましょう。
あと、シミなどがついた場合は、シンナーなどを布に含ませて、軽く擦って落としてください。
それでも落ちない場合は、クリーニングに出すことをおすすめします。

Page top icon