買取査定前に汚れやほつれをチェック

毛皮買取でマイナス査定にならないためには

毛皮を買ったけれど着る機会があまりない…、だから買い取ってもらいたいけれどどこにお願いしたらいいのか分からない。そんな風に悩んでいる方も多いようです。自分が見た限りでは保存状態もいいように見えるけれど、プロの目にはどう見えるのだろうということも気になるようです。少しでも買取価格が高ければそれだけ嬉しいですから。

毛皮に限りませんが、これまで使っていたものを売りに出すときは、その保存状態が査定価格に大きく響いてきます。綺麗で汚れがなければ高く買い取ってくれますし、汚れが目立つような状態であれば保存状態が悪いので査定価格もずいぶん下がってしまいます。

汚れと言ってもシミなどのほかにも、ほつれなどがある場合も査定価格が低くなってしまうことがあります。汚ればかりでなく、袖口や脇などの目立たないところのほつれもきちんとチェックされますので気をつけましょう。

毛皮買い取りを依頼する際には事前に汚れをチェックして出来るだけ買取相場を高くすることがポイントになりそうです。同じ毛皮でも毛付よりも刈毛のほうが相場価格が安いこともあるそうです。同じ毛皮だから、という理由ですべてが同じ値段になるわけではないということを念頭においておきましょう。

Page top icon