ミンク 種類

ミンクの歴史やその特徴とは

ミンクは食肉目イタチ科の動物から得られる毛皮製品です。主にアメリカミンクや、1920年代後半に日本の北海道で養殖が開始された種類などが知られています。
ミンクの養殖を世界で最初にスタートさせたのはカナダであり、濃褐色のみが主流のミンクへバリエーションに溢れるカラーリングが加わり、約40ほどの種類の生産が現在では可能とされています。1931年に発見された突然変異種のミンクがきっかけとなり豊富な種類が見られるようになりました。色調の美しさやナチュラルな光沢、軽量で柔かく暖かである点が大きな特徴とされます。

雌雄で種類が分かれるミンク

ミンクファーは雌雄で種類が異なる毛皮製品です。一般的にオスのミンクはメスよりも大きな体躯をしており、豪華な毛皮を持っています。この特徴を活かしてオスのミンクはストールやカラーなどに使用され、ゴージャスな雰囲気を纏った装飾品としての価値が高い種類です。一方のメスのミンクはオスよりも毛皮の特徴に軽さがあり、しなやかであることからコートなどの主要となるマテリアルとして、着心地などを追求した使用をされている毛皮です。
ミンクは高品質の種類へ各生産国やメーカーなどから特別な名が与えられており、アメリカではブラックグラマやレジェンド、カナダでのマジェスティック、スカンジナビアのサガなどが挙げられます。

ミンクの人気色とは

ミンクの種類豊富なカラーリングは多くの人々から長い歴史の中で愛されてきました。主に日本で良く見られるミンクの種類はブラックで、漆黒である程に質が高い毛皮と言われています。一方でヨーロッパで人気が高いカラーはデミバフであり、黄味がかった深いブラウンがエレガントな雰囲気のあるカラーです。ブルーグレーの被毛が特に美しいカラーリングのブルーアイリスは世界的に人気が高いカラーです。コントラストが美しい被毛は女性的な印象を持っており、高級感が映えることや密度のある綿毛と短めの刺毛によるソフトでコシのある触り心地が特徴とされる種類です。
他にもホワイトやバイオレット、サファイアなどの人気色があることや、染色も可能であるため自由なカラーリングを楽しめることもミンクの大きな魅力です。

Page top icon