マイナス査定以外のこと

毛皮などの高価な買い物をしたあと、あまり着る機会がないから買取業者に売ることを検討しているという方は少なくありません。このときのポイントして、保存状態をチェックすることをおすすめします。もしも自分が買い取る側だとした場合、綺麗な状態であれば高価な値段で買い取ってもいいけれど、さすがに見た目にも匂いも酷ければマイナス査定になっても仕方がないだろうと思うはずです。

買ったときはこれだけ高かったんだから、その値段に近い価格で買い取ってくれるはずということはありえません。どんなに高価なものでも保存状態が悪ければ二束三文ということもありえますし、それほど高価な毛皮ではなかったけれど保存状態がよかったので思っていたより高く買い取ってもらえたという場合もあるのです。

どのぐらいで買い取ってもらえるのか一番気になるところですが、まずはひとつひとつマイナス査定になりそうな要素を取り除いていきましょう。例えば匂いや汚れが気になった場合はクリーニングに出すなどの方法もありますし、ボタンが外れそうになっていたならばボタンの糸を付け替えるなどの工夫をするといいでしょう。

どうすれば高く買い取ってもらえるのか。それは査定に出すほうの事前チェックにかかっているといってもいいのだそうです。

Page top icon